読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩波英知先生心理脳内/脳覚醒プログラム徹底ガイド

岩波英知先生の脳内・無意識訴求技術【トランス誘導技術】や、プログラムの進め方についてまとめています。 岩波先生の心理脳内プログラムの徹底ガイドとしてご利用ください。

プログラムの欠点、及び誤解を受ける点 神経症征服克服きょーかいさんのサイトから

 

では、先生のプログラムの欠点や実際うけてみて感じた要望を。

•先生とのコンタクトのタイミングが合わないと、心理プログラムを受けるのが遅れてしまうこと。常に事務所にいるわけではないため、つながらない時はつながりません。先生の携帯電話も自宅にいる時は電源から切っているのでコンタクトできない。

•先生が一人しかできないレベルのプログラムだから、先生がいるところでしか受けられない。だから、東京、大阪圏以外の人にとって、通うことが大変。それでも普通に飛行機に乗って通ってきているけれど、そういう人は予約日時の確認をしっかりしましょう。往復料金だけ払って、先生と会えないってのは悲惨ですから。

•受ける人の自主性がなければ意味がない。いやでも自分と向き合って闘うことが必要。それが嫌な人にはおすすめできない。不安や恐怖感をのぞき込む可能性もある。人間の抑え込んできたマイナスの感情とエネルギーは想像を超えるほど溜まっている。ずっと抑え込んでいた恐怖や不安感を味わう人もいる。けれどそれは次第になくなっていく。それをずっとためたままだと一気に抑うつ状態になったり、恐慌状態になる。だからマイナス・エネルギーをぬいていくしかない。その時は気分が悪くなったりする。逆に言えば、抑圧されたマイナスのエネルギーをあそこまで発散させることができるのは先生が一番だと言うこと。何が言いたいかというと、ずっと目を背けていた嫌なことを感情部分で味わう人もいるってこと

•先生ほどの技術を引き継げる人がいないこと(同等の効果を得るのは岩波先生の代で終わりかな・・・)。トランス呼吸法と先生の脳への条件付けで自己暗示にかかりやすくすることは可能だし、ずっと武器になるけれど、脳への条件付けがないと、呼吸法だけでそこまで持っていくにはそうとうの鍛錬が必要になる。

•働いていない人には料金的にきつい(学生さん、働けない状態の人など)。しかも分割は無理。たぶん人数制限をそれでしているのだと思う。あとは通ったなら、とことんまで課題をこなして欲しいってことだろう。

•先生はとてもいいことを言うけれど、その言葉を引き出すのは、クライアント側の責務だと思う。つまり待っていてはダメ。打てば響く鐘のような存在だから、自分が何になりたいのか、どうしたいのか、ちゃんと告げて、アドバイスをもらおう。こちらから「打つ」ことです。それをしないともったいない。なぜかというと、僕の経験上、一対一の時よりも、先生対複数人以上の方が、いいことを言ってくれたからです(笑)。

•誰でも受けられるプログラムではないので、敷居が高いこと。怖い先生じゃないですよ。とっても優しく楽しいです。しかし、怠けている人(若い男限定、しかも鬱病の人以外)には、厳しいことも言う。

•やる気がある人じゃないと先生に電話をかけてはいけない。なぜなら突き放された言い方をされるから。つまり印象が悪くなる。電話で先生の印象が180度違ってくるのは、その人個人の気持ちの問題(あとそのときの先生の忙しさ)でしょう。実際会うと気さくなんだけど。一人で何でもやっているから、電話応対もつっけんどんになるんでしょうね。あといつまでもグダグダしている人は「また気持が決まったら電話して」と言われます。停滞していることを一番嫌う先生だから。

•マイペースで生きている人だから、振り回されることがある(笑) つまりこういう生き方をすれば悩まないと言うことだけど、人によっては戸惑うこともあると思う。話を途中で遮ったりされることは覚悟しておくこと。

•あまりにレベルが他と隔絶して独自のものを確立しているため、その価値をわからないお馬鹿さんがいること。みんながすごいといくら言っても、そんなものあるわけないくらいに思ってしまう不幸な人がいること。

 

www009.upp.so-net.ne.jp


ブログのカテゴリー別目次です

  1. 岩波英知先生のプログラムの特徴
  2. 岩波英知先生のプログラムの評価、評判、感想
  3. プログラムの欠点、及び誤解を受ける点
  4. 岩波英知先生のプログラムの効果を上げるコツ
  5. 参考にしたサイト・ブログ集
  6. 岩波英知先生脳覚醒技術体験記リンク
  7. カテゴリー別目次

 

matometomatome.hatenablog.com

 

 

matometomatome.hatenablog.com

 

 

matometomatome.hatenablog.com

 

 

matometomatome.hatenablog.com

 

 

matometomatome.hatenablog.com

 

 

matometomatome.hatenablog.com

 

 

matometomatome.hatenablog.com

 

 

matometomatome.hatenablog.com